プロフィール
ボふ
ボふ
Section targeting


サバイバルゲーマー→ミリタリーマニア→ミリタリーも好きなただのオタクへと退化。
最近は登山や自転車等アウトドア全般(の装備)、PCゲームやオンラインゲーム(主にFPS、TPS)、車にも興味があります。
YouTubeマイチャンネル


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 11人
QRコード
QRCODE
オーナーへメッセージ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2017年01月14日

大寒波に超オススメの低価格ウエア。サロモン「JP DRIFTER HOODIE」

皆様こんにちは。
今冬もついに大寒波が到来しましたね。
やっとまともなスキーが出来そうですが、交通や体調面を考えるとちょっと鬱です…

さてさて、こんな雪の日にオススメのウェアがあります。
サロモンの「JP DRIFTER HOODIE」です。(サロモンNEWSページ

一昨年末に買って去年レビューした物ですが、改めて着用してみた所、なかなかの性能を発揮してくれました。
既に絶版ですが、ニューモデル「インサレーションジャケット JP DRIFTER MID HOODIE」なら入手可能です。
しかも定価も安価な上に割引も20%~45%オフとかなりお買い得。

つーか新型のほうがカッコイイ!!!
買い直そ……(性能的にはさほど変わらない様ですが、新型のほうがスリムな気がします)

さてさてJP DRIFTER HOODIEのレビューですが、
まず保温性と通気性、透湿性のバランスが非常に良いです。
このジャケットはリバーシブルなのですが、マットな面(ソフトシェル)を表にすると適度に通気性が有り、体温調節しやすいです。
逆にツルツルした面を表にすると、防寒性重視になります。
ただ暖かいだけのジャケットだと蒸れて大変なので、通気性か保温性重視かを選べるのは有難いです。
まぁ透湿性はどちらも有りますし、ちょこっと使いではあまり差を感じないかもしれませんがw
(故にどっちの面が何重視なのかたまに解らなくなりますw)
あと静電気が起きないのも良いですね(バーグハウスのダウンが静電気地獄だった件w)

そして一番驚いたのは撥水性です。
ツルツルした面はさほどでも無いのですが、マットな面の撥水性は尋常では有りません。
土砂降り、大粒な雨、湿り雪、乾雪で短時間テスト使用したのですが、いずれも表地が湿る事なく完璧に弾きました。
防水フィルム等は入ってないので当然ながら防水性は有りませんが、これなら防水必要無いかもw
こいつはアークテリクス級の撥水性ですよ。

ただし、アークテリクスのウェアみたいに長時間厳しい環境(雪山、吹雪、べた雪等)で激しいスポーツ(登山、スキー)をしてテストした訳では無いので、その辺は悪しからず。
少なくとも、タウンユースなら十分過ぎるスペックを発揮してくれると思いますが。

今年はSalomon JP DRIFTER HOODIEでスキーに行ってみたいと思います!

それではノシ



  

Posted by ボふ at 17:39Comments(0)衣類

2017年01月01日

福袋!好日山荘 バーグハウス福袋の中身

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

さてさて
今日は2017年の元旦な訳ですが、今日は無理矢理休みを勝ち取り夕方に好日山荘へ。
(体調不良で昼までダウン)

お目当は勿論、福袋。
ま、この時間に行って残ってる訳ないな…
と思ったら一個あるやんけ!!
バーグハウス二万円福袋!
すかさずゲット!

早速福袋の中身をオープン!

定価だと5万円程度でしょうか。詳細は次回upしますが、
これ、「一万円福袋と間違えられたんじゃね?」と思う方もいるでしょうねw
他ブランドの一万円福袋と構成がかなり近いので。

実の所、私の福袋は一度返品された個体(返品お断りのハズですが!)らしいのですが、返品した人は内容に発狂して怒り狂って返品したのかな。
(だから夕方にも残ってた訳ですね。
まぁ気持ちは解らんでもないですが。
今回の大物だけだと普通に買っても二万円以内で収まるので。
ジャケットもセールで一万円の奴ですからね。

ただ、小物の質が違います。
高品質ウール100%の上下インナー、これ結構高いはず。
あと防水トートバックも高い!

でもさ…
二万円福袋ならシェル系一個くらい入れてくれよ~。
Berghausならソフトシェルもハードシェルも色々あるでしょ~が~。

何故、最近のアウトドア福袋は中綿ジャケットばかりなんでしょうか。
これで青色の中綿ジャケット3つ目ですよw

ま、そんなこんなで微妙な後味の福袋でした。
来年はマムートの福袋かな(懲りないヤツw
それではノシ



  

Posted by ボふ at 22:35Comments(0)装備衣類

2016年12月30日

BOLT MP5J BRSS(電動リコイル)発売ですね。

皆様こんにちは。
今日は超久々にエアガンネタをやろうかとw
周囲にはミリオタやめたと思われている様ですが、単に日曜出勤でサバゲーに参加出来ないだけです。
まぁ平日にボッチでHQに行く程の情熱は残ってないのは事実ですけどねw
登山とか自転車とか釣りも行きたいし。

さてさて
今日のネタはこちら

ボルトエアソフト リコイルショック電動ガン MP5J B.R.S.S
です。

まだ正式発売前なのかもしれませんが、各店そろそろ入荷しているハズです。
こいつは久々に購入候補に上がっています。
私の事をご存知の方には「どんだけMP5好きなんだよ!」て言われそうですが、こればっかりは譲れませんねw
好きな銃の傾向は大分変遷していますが、HK社、特にMP5は相変わらず好きです。
昔から日本刀など業物は独特な妖艶さを持っていると言われますが、MP5も同じかもしれませんね。
欲を言えば固定ストックがデザイン上好きなのですが、まぁそれは各自交換すればいい話です。

このBOLT AIRSOFTのMP5J、
外装はメタル(プレス工法)のアッパーレシーバーと高強度ナイロン樹脂のロアフレームの様です。
高い剛性が期待出来ますね。そして何と言ってもメタルは美しい!

ただ、一度SRCのメタルなMP5でヒデェ目にあったので(詳しくは過去記事を)………BOLTさん、そこんとこヨロシクw

さて
BOLTと言えば電動リコイルショックがウリですが、今回も当然搭載されています。
炒飯チャーハンの操作でリコイルショック(ブローバック)のオンオフも選択出来ます。
ただ、MP5のボディに強烈なリコイルショックを生み出す構造(ピストン連動の重量物とか)はスペース上制約が有るので、同社M4等よりはマイルドなリコイルになると予想しています。(素人予測ですが!
恐らく、ARES UMP 電動ブローバックと似たような構造ではなかろうかと。

と思ったのですが、サンプルのレビュー動画を見るとかなりリコイル激しいですねww
当ブログにもマック堺さんの動画をupさせてもらいます。


精度も高く、初速90m/sぐらいで安定していますね。40m先ターゲットも問題なくhitさせています。
これならサバゲー用、観賞用、お座敷シューティング用と一台三役イケそうな感じです。
マガジンも各社の物と互換性が有りそうですし。(UMPのマガジン入手難易度に苦労してますw)
そして、普通にAmazonで売ってる(販売自体もAmazon)のには吹きましたねw
Amazonどんだけ手広いんだよ。これで入手難易度が半端なく下がりますね。

しかしどうしましょう、記事書いてたら余計に欲しくなってきました…
うーむ、自転車(ミニベロ)や福袋も購入予定なのですが、これは再検討が必要そうです。


それではノシ



  

Posted by ボふ at 14:13Comments(0)トイガン

2016年12月27日

新型スイフト発表!!価格、燃費など

ついに新型スイフトが発表されました!

外観はキープコンセプト。
ちょっとだけデミオ…いやポルシェぽい顔つきになったかなw
スッキリしていて個人的には好印象。
最近、下品なオラオラ顔の車が多いですから…

エンジンはNA、ハイブリッド、ターボの三種類。
グレードは、HYBRID RS、RSt、RS、HYBRID、ML、XL、XGとあります。
そしてNAにはマニュアルも用意されています!
残念ながらRSターボ(RSt)は6ATのみ(特段マニュアルに拘りはありませんがw)です。
上記以外だとCVTになりますね。
また、RSとRStには4WDが用意されていません。

燃費はハイブリッド2WDで27.4km/L、NAの5MTで22.6km/L、RStで20km/L

価格は134万3520円~184万5720円。
まぁお買い得なんじゃないでしょうか。
ただ、デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)、ハイビームアシスト機能、アダプティブクルーズコントロール、車線逸脱警報、カーテンエアバッグ等がついたセーフティパッケージはオプションで、こちらを付けると約10万円程アップします。

各グレードの詳細は公式HPにて確認願います。

あ、試乗車が出たら試乗してきますねw
それと、次回は久々にエアガンネタの予定ですw





  

Posted by ボふ at 15:43Comments(0)自動車・バイク

2016年12月11日

ソフトシェルのM65ジャケット(ROTHCO社製)買いました

皆様こんばんは。
前々から気になっていた(ロスコ)ROTHCO ソフトシェル タクティカルM-65 フィールドジャケットをついに買いました!

クラシックなM-65ジャケットを、撥水性と伸縮性に優れるソフトシェル素材で再現したモデルです。

サイズ感
着用サイズはアメリカのM(medium-regular)。

170cm70kg、日本サイズだとL~LL、アメリカサイズだとMでぴったりの私が着ると、画像の様なサイズ感になりました。
袖が長い点以外は良さそうです(全体的に長めですが、商品の特性かと)。
袖もベルクロで折ったり絞ったり出来るので、特に支障はなさそうです。

で、このロスコm65ソフトシェルジャケット、着る前からスゲー気になる事が…
素材

ポリエステル90%、ポリウレタン10%(日本語!)
えーっと、「WIPさん」等で確認すると表生地:3層ポリエステル100%※防水透湿素材とあるのですが……。
うーん、モデルNO.は一緒なんですけどね。
更に気になるのは、私の個体もロスコが元々縫い付けたタグにはポリエステル100%と書いてありますw

ロスコがテキトー?(イメージw
そして更に更に謎を呼ぶのが、先ほどの日本語タグを裏返すと……ニッセンと書かれています。
つまり、ニッセンのタグにポリエステル90%、ポリウレタン10%と書かれているわけです。
ニッセンとロスコの主張が一致しませんねw

ところで、ニッセンがロスコを卸してるイメージが全くありませんでしたw(そもそもニッセンって卸売やってるんですかね)
しかもwipさんや他ショップの商品画像にはニッセンのタグが有りませんね~。
つまり、私の個体は正規輸入品で、wipさん等は並行輸入品という事かも。
Amazonで扱ってるこっちのモデルが正規品(?)と言うかニッセン経由と見た(憶測)。
理由は高いからw
この辺に関しては要調査ですね。

性能や着心地に関しては、まだあまり着てないので不明ですが、撥水は結構効いてますね。
小雨の日10分程歩きましたが、しっかり撥水して表面が湿る事もなかったです。
詳細なレビューはまた後日。
それではノシ



  

Posted by ボふ at 21:16Comments(0)衣類