プロフィール
ボふ
ボふ
Section targeting


サバイバルゲーマー→ミリタリーマニア→ミリタリーも好きなただのオタクへと退化。
最近は登山や自転車等アウトドア全般(の装備)、PCゲームやオンラインゲーム(主にFPS、TPS)、車にも興味があります。
YouTubeマイチャンネル


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 11人
QRコード
QRCODE
オーナーへメッセージ

2009年12月30日

タニコバUSPの修理

久々の更新です。
忙しいは面倒クサイ(爆)はで二ヶ月も放置しておりました(汗
この二ヶ月の間にミリネタもそれなりにできたので、順次更新していく予定です(予定は未定w)

いきなり余談。
前回記事にした内職業者ですが、あれから脅迫電話(内容は暴力団がどうたらこうたらとお決まりのパターン)やその類を必死に掛けてきます。
警察にも通報済ですが、こういった類は扱い辛いでしょうね。
とりあえず様子見ですが、いずれは刑事と民事で裁かれるでしょう。

やっと本題。

前回記事にしたタニコバUSPですが、中古だったので届いて直ぐ各部のチェックを行いました。
で、やはり要修理な点があったので簡単に修理しました。
前回記事は修理後のUSPに付いて書いた訳ですが、今回はその修理について書こうかと思います。
ま、修理と言うほど大げさな事では無いのですが。

まずはスライドからブリーチを取り出し、分解。

単純な構造で分解が凄く楽です。
マルゼンのタイプUより簡単な気がしますw
で、早速問題を発見。

ピストンカップが割れていました。
マガジンが高温な状態で撃ったのか、単に割れる程の数を撃ったのか・・・。
早速新品と交換します。

次にフレーム内パーツですが、こちらは簡単に見た限り特に問題は見受けられませんでした(スイマセン、画像は無いです)。

最後に、マガジン。
マガジン内もシンプルですね。

こちらは↑画像にあるパイプ(?)とOリングが外れていたため、これらを付け直しました。

ついでに、バレル内が悲惨な状況だったので綺麗に掃除しました。

以上が簡単に修理した点です。
このUSPは全体的にシンプルな構造をしており、スムーズに作業する事ができました。
メンテナンスが楽なのは大変良い事だと思います。

次回弄るとすれば、ガス放出量を増やしたいですね。
市販の他ガン用のバルブが使えるなら楽なのですが・・・どうなのでしょう?


ちなみに・・・
その後気になっていたリコイルスプリングをPROTECの不等ピッチに変更しました。
これでスライドの戻りが大分速くなり、モッサリ感が減りました。
ただ、連射するとスライドの後退量不足が起こり、スライドストップが掛からないのは勿論、給弾すらされなくなります。
じっくり間隔を空けて撃つ分には問題ありませんが、もう少し柔らかいSPの方が良いかもしれません(それでもWAガバのSPの方が硬いのには吹きましたがw)。

  KSC 18才以上用 ガスブローバック USP45 タクティカル Green(system7)

KSC 18才以上用 ガスブローバック USP45 タクティカル Green(system7)
  

Posted by ボふ at 10:00Comments(0)修理・カスタム