プロフィール
ボふ
ボふ
Section targeting


サバイバルゲーマー→ミリタリーマニア→ミリタリーも好きなただのオタクへと退化。
最近は登山や自転車等アウトドア全般(の装備)、PCゲームやオンラインゲーム(主にFPS、TPS)、車にも興味があります。
YouTubeマイチャンネル


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 11人
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
オーナーへメッセージ

2017年10月19日

新型スーパーカブ発表!!国産回帰!

皆さま、超お久しぶりでございます。
今度会社の人を連れてサバゲーに行く事になったのですが、自分以外は全員未経験らしく色々と心配ですw

さてさて、久々の投稿がバイクネタという相変わらずミリタリーをガン無視した当ブログですが、今回のネタは気になる方も多いはず。

なんと
ついにスーパーカブ新型が発表されました!

丸目!国産!



そうなんです。今回のスーパーカブ、先祖返りで丸目ライトになったんです。
最高じゃないですか。やっぱカブ(というかバイク全般)は丸目じゃないと(個人的趣向ですw
しかもただ戻っただけでなく、LED採用とちゃんと進化もしています。

それと一番重要なのは、中国産から日本産(熊本)に戻った事ですね。

価格は
スーパーカブ50
232,200円(消費税抜き本体価格 215,000円)

スーパーカブ50 プロ
253,800円(消費税抜き本体価格 235,000円)

スーパーカブ110
275,400円(消費税抜き本体価格 255,000円)

スーパーカブ110 プロ
297,000円(消費税抜き本体価格 275,000円)

その他詳細、特徴は公式発表にて

クロスカブの新型も気になりますね……発表はいつでしょうか。
それとスズキのGSX-R125も気になります。小排気量は元気ですね~(小型二輪免許の取得緩和はどうなるのでしょうか?)

それではノシ

  

Posted by ボふ at 15:47Comments(0)自動車・バイク

2017年01月29日

高性能激安中華タイヤ「MAXTREK INGENS A1」長期使用レビュー

皆様こんばんは。
今日は車ネタで、高級グレードなのに激安な中華(香港)タイヤ「MAXTREK INGENS A1」をレビューします。
※リンク先はインチ違い故か高くなっていますが、実際は14インチなら一本千円くらいで買える事もw

そもそも何故こんな激安タイヤに手を出したかという経緯を書くと…

スバルR2を中古で購入。→

→車屋「納車時に新品タイヤに交換」
→後日車を取りに行くと、付いていたタイヤがmaxtrek A1だった。
→orz

まぁこのR2は街乗り近距離専用車だったので、とりあえずタイヤはこのまま使ってみる事に。
それに、このシリーズはmaxtrekの中でも高級車やスポーツカー向けの上級モデルらしいので、まぁ試してみるかなとw

そして気がつくと交換せずに一年と4ヶ月経った訳でw
何故交換しなかったかというと、単にお金が無かった…と言うのも有りますが、特に不具合も無く普通に使えるタイヤだったというのが大きいですね。

逆に普通過ぎてレビューし難いですが、簡単に評価していきます。
ただ、このR2で高速道路は全く乗らないので、あくまで街乗り(+峠)、基本60km/h以下での評価となります。

まず肝心のグリップですが、乾燥路面、ウエット(濡れたアスファルト)、水溜り、ダート、いずれも普通にグリップしますね。
発進、カーブ、急制動でもグリップ不足を感じた事は有りません。

直進安定性も想像以上にしっかりしていて、逆に連続する急なコーナーでも不安を感じた事はないです。

乗り心地も特に不満は無いです。
強いて言うなら硬めのスポーツ寄りでしょうか。
スバルのサス性能のおかげか、大きな入力があっても即収まるので気持ちいいですね。ちょっと鋭さはありますが。
と言っても他タイヤと比較してないのでハッキリとは言えませんが(^_^;)

ロードノイズ(パターンノイズ)は、静かでは無いですが特段気になるレベルでも無いです。
以前レガシィに履かせていたオールシーズンタイヤに比べれば幾分静かですし

一年4ヶ月(走行距離は5000kmくらいですが)使って、変な磨耗やヒビも無く、空気が抜けやすいと言った不具合もありません。

燃費への影響は比較対象が無いので不明です。

以上、簡単なレビューでした。
今の所、街乗りなら問題無さそうです。
価格を考えると中々侮れません。

ただ、長期の耐久性(劣化)に関しては未知数ですし、高速での性能も分かりません。
長く使いたいなら国産タイヤを購入した方が良いかと。
特に高速道路を頻繁に乗る方は、念の為避けた方が良いかもしれませんね。
もし100km/hでタイヤがバーストしたら…ゾッとします。
自分だけで無く、周りにも危険が及びますから。

ちなみに冬タイヤで安い物をお探しなら、「PIRELLI (ピレリ)ICE ASIMMETRICO(アイスアシンメトリコ)」が良いかと。
スタッドレスの中華はヤバイ話をよく聞くので、ピレリの方が数倍マシでしょう。
旧品なら一本二千円くらいで売ってますしw
もしくはダンロップのWINTER MAXX も結構お安いです。

それではノシ



  

Posted by ボふ at 01:03Comments(0)自動車・バイク

2016年12月27日

新型スイフト発表!!価格、燃費など

ついに新型スイフトが発表されました!

外観はキープコンセプト。
ちょっとだけデミオ…いやポルシェぽい顔つきになったかなw
スッキリしていて個人的には好印象。
最近、下品なオラオラ顔の車が多いですから…

エンジンはNA、ハイブリッド、ターボの三種類。
グレードは、HYBRID RS、RSt、RS、HYBRID、ML、XL、XGとあります。
そしてNAにはマニュアルも用意されています!
残念ながらRSターボ(RSt)は6ATのみ(特段マニュアルに拘りはありませんがw)です。
上記以外だとCVTになりますね。
また、RSとRStには4WDが用意されていません。

燃費はハイブリッド2WDで27.4km/L、NAの5MTで22.6km/L、RStで20km/L

価格は134万3520円~184万5720円。
まぁお買い得なんじゃないでしょうか。
ただ、デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)、ハイビームアシスト機能、アダプティブクルーズコントロール、車線逸脱警報、カーテンエアバッグ等がついたセーフティパッケージはオプションで、こちらを付けると約10万円程アップします。

各グレードの詳細は公式HPにて確認願います。

あ、試乗車が出たら試乗してきますねw
それと、次回は久々にエアガンネタの予定ですw





  

Posted by ボふ at 15:43Comments(0)自動車・バイク

2016年11月19日

TopGear三人組が帰還!「グランド・ツアー」がついに放送開始!

皆様こんばんは。
待ちに待ったアレがついに来ましたよ。
「グランド・ツアー」放送開始です!


Amazonprimeオリジナル番組なのでプライム会員しか視聴できませんが、非会員の方は無料体験を活用して下さい。

ジェレミー・クラークソン、リチャード・ハモンド、ジェームズ・メイのTopGear三人組復活ですね!
TopGearは世界中のクルマ好きに大人気の番組でしたから、このグランドツアーもかなりの注目度でした。
またあのハチャメチャでぶっ飛びまくったカーギャグ(?)が見れるんですかね?w

ちゃっかり日本での撮影も終えたようですし、日本編(東京編?)も楽しみです。

実はまだ本編を見ていない状況ですが、このヨロコビを一刻も早く報告したく緊急でUPしましたw
これから一話目を見たいと思います!
それではノシ







  

Posted by ボふ at 01:33Comments(0)自動車・バイク

2016年11月02日

新型ノートe-POWER。価格、発売日、試乗車、メカニズム等について。

皆様こんばんは&お久しぶりでございます。
最近はクルマ弄りや釣り、キャンプに忙しく(ついでに仕事もw)中々ブログの時間を捻出できませんでした。
あとは転職活動も未だに続けていますが、これは後回し気味になっていますw
そしてそんな中での久々の記事が、まさかの車ネタですw

話題の新型車、日産「ノートe-POWER」の実車を見てきました!

プラットフォームや外装はマイナーチェンジなので大幅変更はありませんが、中身(動力)は全くの別物です。
日産はe-POWERと呼称していますが、要するに電気自動車(レンジエクステンダー)です!

ただ、リーフの様な純粋な電気自動車では無くエンジンも積んでいます。
積んでいますが、このエンジンは発電専用であり動力には使われないので、他社のハイブリッドとも違います。
いわゆるレンジエクステンダーという物ですね。
(NAガソリンモデルとスーパーチャージャー付きガソリンモデルも併売されます)

e-POWERについての詳細は、また試乗後にお伝えする予定です。
まぁ日産のカタログはアマゾンで無料配布(Kindle版)されているので、そのうちe-POWERについてのカタログも配布されるとは思いますが。

この新型ノートの発売日は11月2日で、試乗車は少なくとも今週末(5日、6日)には用意されるとの事でした(岐阜日産談)
価格はガソリン車が約139万円~、e-POWERが約177万円~
詳細は以下の画像を御覧ください。


ちなみに、レンジエクステンダーの最廉価グレード「e-POWER S」ですが……
同時に貰ったカタログを見るに、こいつは装備的にかなり厳しいです(^_^;)
オプションでも付けれない物が多々あります(サイドカーテンエアバッグ等)
なので、e-POWERの実質最安モデルは「X」で車体価格約200万円と考えた方が良いかと。
この辺も見積もりを貰ってから追々記事にしますね。


そうそう、最後にディーラーさんから聞いた話をば
なんでも、このノートe-POWER、モーターはリーフと同じ物を使っているとか。
で、リーフよりノートの方が軽いですよね?(カタログによると300kg近く違います!新型ノートは約1200kgです。)
つまりは……そう言う事ですw

試乗の際には是非、そのぶっ飛んだ加速力を体感させていただきましょうw
(調子に乗って事故らないように!)
それではノシ



  

Posted by ボふ at 00:35Comments(0)自動車・バイク